介護

血圧を下げる食事を摂りましょう|ハンバーグにシチューもある

バランスよく一汁一菜を

介護

血圧を下げる方法として塩分、カロリー、脂肪分を抑えた食事を心がけることが大事なポイントです。日頃の食事から積極的にバランスの良い食事と運動を心がけ、血圧を下げる効果のある食材を使うと血圧も安定してきやすいでしょう。

詳しく見る

塩分控えめ美味しく健康に

わらい顔の男女

高血圧の原因の一つに、塩分のとりすぎがあります。私たち日本人の食生活の基本である和食では、出汁をとって旨味を効かせるなどの調理方法で、塩分を減らすことが出来ます。また、血圧を下げる効果のある酢やタンパク質・ポリフェノール・カリウムを含む食材を積極的に食事に取り入れる事も効果的です。

詳しく見る

料理に気を配る

食事

血圧を下げる食事は、塩分を減らして、だしのうまみを生かすと、薄味でもおいしく食べることができます。肉を控えめに、魚や野菜を中心とした料理をするようにします。心配な場合には、宅配で食事を頼むこともできるので、このようなサービスを利用すると、食事も楽しめます。

詳しく見る

和洋中を美味しくいただく

料理

脳卒中のリスクもあります

ハンバーグにシチューと聞くと、脂肪分も塩分も高そうで血圧が高い人には、向かない食事のように感じるかもしれません。しかしこの二つとも、高血圧の人用の宅配食のメニューにあります。このメイン料理に副菜もつけて塩分は2g以下です。高血圧の人向けの食事の宅配サービスが盛んになってきました。内容も各社、工夫を凝らしていてどれも豪華で美味しそうなものばかりです。和食も洋食も中華も、日替わりでいろいろ選べるようです。高血圧の人は、医師から塩分摂取を控えるよう指導されています。高血圧は放置しておくと、脳卒中などを引き起こす原因になりかねません。血圧を下げるためには、まずは塩分の摂取量を抑える必要があります。一日の目安は6g以下です。

出汁や酸味で薄味をカバー

私たちの体内の血液の塩分濃度は、一定に保たれています。しかし食事で塩分の高いものを食べすぎると、血中の塩分濃度が急上昇します。すると塩分濃度を下げるため、血液中に水分が大量に送り込まれます。通常より、大量の血液が血管内を流れます。これが高血圧の仕組みです。塩分は体に必要なものですが、適量に抑える必要があるのです。しかし、いきなり薄味の食事にすると味気なく感じるかもしれません。出汁を効かせたり、酸味を効かせると味にアクセントがつきます。塩分摂取を下げるための、一工夫が大切です。ですが、1人分だけ別に食事を用意するのは、手間もかかります。頑張りすぎると長続きしません。高血圧の宅配食を利用して食卓に変化をつけてみると、楽しく続けられるでしょう。定期コースだと、毎日いろいろなメニューを楽しめます。血圧を下げるために、上手に宅配を利用してみてはいかがでしょうか。